投手の腕の振りを速くする方法

投手の腕の振りを速くする方法

佐々岡流ピッチングの極意の動画の中で紹介されているサッカーボールを使った練習法は効果抜群です。投手の腕の振りを速くする指導方法として最適です。

 


腕の振りを速くする練習方法

佐々岡真司さんの「佐々岡真司の佐々岡流ピッチングの極意」で紹介されているサッカーボールを使った練習を取り入れ、投手の腕の振りを速くする効果を感じました

 

 

佐々岡真司のコーチングの様子

 

 

 

 

 

サッカーボールを使った練習法は、

 

 

「ボールの出所を分かりずらくする」

 

 

「体感速度を上げる」

 

 

「打ちずらい投手を目指す」

 

 

などの効果を説明されていますが、
それに加え、ピッチャーの腕の振りが速くなっていることに気付きました。

 

 

また、肘が下がらなくなり、
故障の原因も回避されていると思います。
少年野球の指導者としては嬉しい限りです。

 

 

まさしく、一石五鳥くらいの練習方法ですよ。

 

 

野球の基本はキャッチボールだし、
そのキャッチボールの基本が正しい上半身と下半身の使い方だと思います。

 

 

我チームでは、
佐々岡真司さんが紹介するャッチボールの指導方法は、
ピッチャーへだけでなく全選手へ行っています。

 

 

軟球でのキャッチボールをする前に、
サッカーボールを使って、
腕の軌道と振りを確認させています。

 

 

これでみるみる投げる技術が上達したと思います。

伸びのあるストレートを投げる秘訣

少年野球の試合を見ていると、
監督やコーチがピッチャーへ向かって、
「腕を振れ」とアドバイスしています。

 

 

でも、それってナンセンスですね。

 

 

小学生や中学生の多くの選手は「腕を振れ!」と言われれば、
かえって意識して力が入ります。

 

 

力が入れば、
当然動きが悪くなり、
腕の振りは鈍ると思います。

 

 

腕を速くする方法としては、
普段から肩甲骨まわりを鍛えていくことが大切だと思います。

 

 

肩甲骨まわりの筋力の強化し、稼働域を広げておくことが重要だと思います。
これが伸びのあるボールを投げる秘訣です。

 

 

そのためには、サッカーボールを使った指導は最適ですね。

 

 

この練習を積んでおけば、
試合のピンチの場面でも、「お前に任せたから、練習を通りにやれ!」とひと呼吸入れてやるだけです。

 

 

伸びのあるストレートを投げてくれると思います。

 

 

「腕を速く振って投げろ!」などの激を飛ばす必要はありませんね。

 

 

>>佐々岡真司の佐々岡流ピッチングの極意

 

投手の腕の振りを速くする方法関連ページ

佐々岡真司の佐々岡流ピッチングの極意を見た感想
コントロールされた伸びのあるストレートを投げるコツが分かります。佐々岡真司さんが体感速度を上げ、「打ちにくい投手」へ育てる指導方法を公開しています。