佐々岡真司の佐々岡流ピッチングの極意を見た感想

佐々岡真司の佐々岡流ピッチングの極意を見た感想

コントロールされた伸びのあるストレートを投げるコツが分かります。佐々岡真司さんが体感速度を上げ、「打ちにくい投手」へ育てる指導方法を公開しています。少年野球の指導には、かなり参考になる内容です。


サッカーボールを使った練習方法は目から鱗もの

"佐々岡真司"の名前聞いて、
佐々岡さんの現役時代の伸びのある150kmの直球と、
あのスライダーのキレを思い出しました。

 

 

懐かしい思いと、
伸びのあるストレートが見たくて、
ユーチューブを検索してしまいました。

 

 

 

 

やはり凄いですね。

 

 

「佐々岡真司の佐々岡流ピッチングの極意」のDVDを見て、
制球された伸びのあるボールの投げ方のポイントが良くわかりました。

 

 

下半身、上半身の使い方に秘密が隠されていました。

 

 

サッカーボールを使った練習方法などは、
"目から鱗が落ちる"思いをしました。

 

 

佐々岡真司さんのピッチング指導の様子

 

 

うちのチームでは、
投手陣だけでなく全員にやらせています。

 

 

これぞ野球のボールを投げる基本だと思います。

打ちにくい投手を育てる指導方法が良くわかります。

佐々岡さんのピッチングの他の特徴として、

 

 

「ボールの出所が分かりずらい」

 

 

「タイミングが取りずらい」

 

 

「実際の球速よりも速く感じる」

 

 

という点があります。

 

 

すなわち、打ちにくい投手だということです。
これをはピッチャーとしての財産です。

 

 

「打ちにくい投手」と「打ちやすい投手」の違いな何か?

 

 

この動画を観ると、
コンパクトな腕の振りで、
ボールの出所が分かりにくい、
ピッチングフォームのつくり方が分かります。

 

 

小学生、中学生のうちから、
こういうボールを投げられるフォームを身に付ければ、
将来が楽しみな投手へと育てることができると思います。

 

 

少年野球のピッチャーの指導の際に、
かなり役立てるピッチング理論が収録されています。

 

 

コーチとして、
選手に悪い癖が付く前に、
正しい投げ方を教えるたいものです。

 

 

>>佐々岡真司の佐々岡流ピッチングの極意

佐々岡真司の佐々岡流ピッチングの極意を見た感想関連ページ

投手の腕の振りを速くする方法
佐々岡流ピッチングの極意の動画の中で紹介されているサッカーボールを使った練習法は効果抜群です。投手の腕の振りを速くする指導方法として最適です。