強豪で知られる少年野球チームのバッティング指導の内容とは?

強豪で知られる少年野球チームのバッティング指導の内容とは?

強豪で知られる少年野球チームの現役監督が、バッティングの指導方法と練習方法を公開しました。チーム打率が常に4割を超える硬式野球チームの打撃指導法の内容とは?

 


キッズベースボールドリームナビの内容について

少年野球コーチを経験したり、
お父さんが小学生の息子へ野球を教えようとすると、
そこに1つの壁があります。

 

小学生、あるいは中学生へバッティング指導をするのは、
野球経験者や大人へ教えるとは違い難しさがあります。

 

自分では無意識にやっていることを、
どうやって子供達へ伝えたらいいのだろう?

 

そして、もう1つ、
小学生レベルの野球では、
高度なバッティング技術を教えるよりも、
簡単なポイントを教えるだけで、
飛躍的に打撃が伸びることを目の当たりすることがあります。

 

 

少年野球の大会で、
強豪チームと対戦すると、
「子供へバッティングを教える難しさがあるのか?」
と思うほど素晴らしいバッティングをされます。

 

まだ野球を始めて2、3年の選手が、
見事なバッティングフォームで連打をします。

 

「いったい、どういうバッティング指導をしているのだろう?」
と思ったこともありました。

少年野球の選手がヒットを連発するために必要な練習方法

「キッズベースボールドリームナビ」は、中学生硬式野球クラブチームの現役監督のバッティング指導法が書かれているというので、思わず購入してしまいました♪

 


↑キッズベースボールドリームナビ(PDFファイル)

 

このチームは県内でも競合として知られ、
チーム打率が常に4割を超えます。

 

『猛打、ミサイル打線の○○○クラブ』として、
関係者の間では有名です。

 

1日20分のコーチチングで、打率1割から
打率1割の子供が5割3分への安打製造機に変貌したと聞きます。

 

まずは、ざっくりと目を通させて貰いました。

 

「なるほど〜」

 

元プロ野球選手が野球教室などで教える内容とは、
切り口が違いますね〜。

 

凄く参考になります。

 

少年野球の選手が、
試合でヒットを連発するためには、
何を教えたら良いのか?

 

そして、どんな練習をすればいいのか?

 

また、 (現在常識とされているが)やってはいけない間違ったバッティング指導とは?

 

その辺りの答えが、
PDFファイルに簡潔に書かれているといった印象を受けました。

 

詳しく読んで実践してレビューしていきます。

 

これでうちの少年野球チームの地区大会優勝が見えたかも^^!
今年は、打って、打って、打ちまくるぞ〜♪

 

>>キッズベースボールドリームナビの詳細

強豪で知られる少年野球チームのバッティング指導の内容とは?関連ページ

「しっかりボールを見て振れ!」というバッティング指導は間違い?
「常識は疑ってかかれ」ですね。少年野球を始めたばかりの小学生に、「しっかりボールを見て振れ!」と指導するとボールをミートすることができません。その理由は?