コントロールのついた速球を投げるポイントは?

コントロールのついた速球を投げるポイントは?

コントロールのついた速球を投げるために一番大切なのは、ピッチング軸です。傾かずブレない軸をキープできる投球フォームを身に付けるとピッチングがガラッと変わります。

 


バランスの良い投球フォームを身に付ける

コントロールのついた速球を投げるために、
一番大切なことはなんですか?

 

私は、チームの投手陣を指導する時に、
"バランスの良い投球フォーム"を大切にするように言っています。

 

その決めてになるが下半身の安定であり、
下半身の安定をつくるには、
軸足を中心にしたピッチング軸が大切です。

 

ピッチングという動作は、
まさに軸を中心とした回転運動です。

 

この軸がフラフラしていては、
正しい回転は不可能です。

 

振りかぶって、
片足を上げてる動作から、
投げ終わるまでのピッチング軸の作り方を、
色々な角度からコーチングするようにしています。

 

ピッチング軸は、自分ではまっすぐ立っているつもりでも、
体が傾いてしまうケースが非常に多いと思います。

 

どうしたら、その欠点を直せるのか?

 

どうしたら、ピッチング軸をまっすぐに立てたままキープできるのか?

ピッチング軸をつくるポイントは?

「川口和久の右脳的ピッチング術」では、
ピッチング際の軸の作り方、
傾かないように軸を維持するポイントが
分かりやすく説明されています。

 

市販の指導書や、
野球教室でも、
川口和久が言うような重心のかけ方は聞いたことがありませんでした。

 

↓「川口和久の右脳的ピッチング術」の軸についての解説場面

 

 

 

「なるほどな〜、そこに重心をかけるようにすると、ピッチング軸がしっかりと立ったまま維持ができるのですね〜」

 

トンボを使った説明には、驚きました〜。

 

これを知っている少年野球のピッチャーは、一生の財産です。

 

うちの少年野球チームの投手陣にも、
この重心のかけ方を指導したら、
コントロールが格段に上がりました。

 

特に、低めへ安定してボールが集まるようになりました。

 

バランスも良いので、
球速も伸びてきています。

 

コントロールの付いた速球を投げるには、
ピッチング軸が崩れない、バランスの良い投球フォームと身に付けることが一番大切だと思います。

 

>>川口和久の右脳的ピッチング術の詳細

コントロールのついた速球を投げるポイントは?関連ページ

川口和久の右脳的ピッチング術の内容
川口和久の右脳的ピッチング術の内容を紹介します。抜群のコントロールと速球が身に付く理由とは?少年野球のピッチング上達ための指導のポイントが良くわかります。
川口和久の右脳的ピッチング術「投手としての心構え」
川口和久の右脳的ピッチング術「投手としての心構え」を観た感想。少年野球チームのエースへ、ここから指導しました。マスターすればワンランク上のピッチャーになれます
ピッチャーマウンドの高さを確認することでコントロールが上がる
川口和久の右脳的ピッチング術「ボールを投げる前に」を観て。ピッチャーマウンドの高さを確認することでコントロールが上がることを体得しました。さすが一流投手の話です
コントロールの良いピッチャーが実践しているマウンドへ上がり方
ピッチャーがマウンドに上がる時に、川口和久の右脳的ピッチング術のDVDで紹介されていることを実践しています。これで、どのピッチャーもコントロールが良くなりました。
ヒップファーストを意識したピッチング練習
球威のあるボールをコントロール良く投げるためには、下半身の使い方が大切です。ヒップファーストを意識した投球練習でフォームを磨き、レベルアップをはかります。