ピッチャーマウンドの高さを確認することでコントロールが上がる

ピッチャーマウンドの高さを確認することでコントロールが上がる

川口和久の右脳的ピッチング術「ボールを投げる前に」を観て。ピッチャーマウンドの高さを確認することでコントロールが上がることを体得しました。さすが一流プロ野球投手の話です。参考になりました。ピッチャー指導へ活かします。


キャッチャーまでの距離感を掴めば、コントロールが向上する

川口和久の右脳的ピッチング術〜ボールを投げる前に〜
「マウンドに上がったら」を観ての感想です。

 


↑川口和久さんが「マウンドの高さを確認する」を説明している場面

 

この動画を観てから、
うちのチームの投手には、
投球に入る前に、マウンドの高さを確認することをさせています。

 

小さなことですが、
この作業をするか、しないかで精神的に大きく違います。

 

球場によって、
バックネットまでの距離も違うし、
ピッチャーマウンドの高さも違います。

 

少年野球の場合、
ピッチャープレートからホームベースまでの距離は16mです。

 

しかし、同じ16mでも球場によって、
感じ方が全然違います。

 

ピッチャーにとり、
キャッチャーまでの距離感は、
コントロールに大きく影響をします。

 

プレーする球場の環境を味方にするかどうか?
投球に入る前にちょっとしたことで、
大きく変わってきます。

キャッチャーが近く見える、それが安心感に変わる

うちのチームの投手陣に、
川口和久の右脳的ピッチング術で紹介されている、
マウンドの高さの確認作業をさせたところ、
思わぬ声を聞くようになりました。

 

投手陣が揃えて言った言葉が、
「キャッチャーが近く見える、それが安心感に変わる」
でした。

 

そして、マウンドからキャッチャーまでの距離感を自分のモノにすることの
大切さを実感した言います。

 

ピッチングをしていて、
微妙なところでストライクになったり、
逆にボールに判定されることもあります。

 

その微妙な判定を味方に付ける意味でも、
こういう作業は大切なのでしょう。

 

それに何より「安心して投げることができる」という、
精神的なメリットが大きいと思います。

 

ピッチャーマウンドの高さを確認することでコントロールが上がります。

 

一流プロ野球選手の貴重なノウハウを体得させて貰いました。
少年野球のピッチャーの指導へ活かしています。

ピッチャーマウンドの高さを確認することでコントロールが上がる関連ページ

川口和久の右脳的ピッチング術の内容
川口和久の右脳的ピッチング術の内容を紹介します。抜群のコントロールと速球が身に付く理由とは?少年野球のピッチング上達ための指導のポイントが良くわかります。
川口和久の右脳的ピッチング術「投手としての心構え」
川口和久の右脳的ピッチング術「投手としての心構え」を観た感想。少年野球チームのエースへ、ここから指導しました。マスターすればワンランク上のピッチャーになれます
コントロールのついた速球を投げるポイントは?
コントロールのついた速球を投げるために一番大切なのは、ピッチング軸です。傾かずブレない軸をキープできる投球フォームを身に付けるとピッチングがガラッと変わります。
コントロールの良いピッチャーが実践しているマウンドへ上がり方
ピッチャーがマウンドに上がる時に、川口和久の右脳的ピッチング術のDVDで紹介されていることを実践しています。これで、どのピッチャーもコントロールが良くなりました。
ヒップファーストを意識したピッチング練習
球威のあるボールをコントロール良く投げるためには、下半身の使い方が大切です。ヒップファーストを意識した投球練習でフォームを磨き、レベルアップをはかります。