川口和久の右脳的ピッチング術の内容

川口和久の右脳的ピッチング術の内容と感想

川口和久の右脳的ピッチング術の内容を紹介します。抜群のコントロールと速球が身に付く理由とは?少年野球のピッチング上達ための指導のポイントが良くわかります。

 


川口和久の右脳的ピッチング術の内容

川口和久の右脳的ピッチング術の内容を紹介します。

 

■川口和久の右脳的ピッチング術
〜未来のエースを目指す君へ〜

 

DVD3枚+特典DVD
(90日間の返金保証付き)

 

■「ピッチング理論編」(DISK1)の内容

 

投手に必要な心構えとは?

 

ピンチの連続を乗り切るマインドとは?

 

なぜ、イメージが好投に関係するのか?

 

マウンドに上がったら、やらなければならない事とは?

 

場所が変わっても、いつもの距離感を獲り戻す方法

 

ホームベースまでの距離感を短くする方法

 

試合で、落ち着いた投球をする為には…?

 

お子様のピッチングを劇的に上達させる、「足の上げ方」とは?

 

お子様のピッチングを劇的に上達させる、「ボールの握り方」とは?

 

お子様のピッチングを劇的に上達させる、「ワインドアップ」とは?

 

お子様のピッチングを劇的に上達させる、「セットポジション」とは?

 

■「ケーススタディー編」(DISK2)の内容

 

コントロールと球速アップが実現した少年T君への指導法とは?

 

スムーズな体重移動で球威アップを実現した少年K君への指導法とは?

 

ノーコンが3分で治った、少年N君への指導法とは?

 

美しい投球フォームを手に入れた少年R君への指導法とは?

 

■「トレーニング編」(DISK3)の内容

 

肩甲骨や股関節など、野球に必要な部位をムリなく柔らかくする、16個のストレッチ法とは?

 

獲れそうで獲れないボールをしっかりキャッチできる選手を育てるトレーニングとは?

 

足の速い選手を育てるランニング法とは?

 

■プレミアム・スペシャル・ボーナス(特典)の内容
「川口和久 x 桜井一 対談DVD」

 

川口和久が野球を始めたきっかけとは?

 

川口和久が小学校チームにいた時の練習環境とは?

 

ケツバットがあたりまえだった、中学校野球部。

 

これまで、どのように野球と接してきたか?

 

川口和久が刺激を受けたピッチャーと、彼らから盗んだ事とは?

 

イメージ力と上達との関係性とは?

 

イチローの生活から学ぶべきリズムとは?

 

なぜ、指導は「形」を壊して「リズム」を作る必要があるのか?

 

リリーフの時と先発の時の準備すべき事の違いとは?

 

野球指導で一番大切にしている事とは?

 

一流選手に隠されたピッチング軸の秘密とは?

 

なぜ、体の回転がピッチングにおいて危険なのか?

 

守りの野球がチームを強くする理由とは?

 

以上

川口和久の右脳的ピッチング術を見た感想

川口和久さんは殆どの方がご存知だと思いますが、
簡単にプロフィールを紹介します。

 

読売ジャイアンツと広島カープで18年間プロ選手として活躍しました。

 

球威のある速球と落差の大きいカーブで、
最多奪三振のタイトルを3回獲得しました。

 

現在は、元プロ野球選手10名が運営する、
MAXベールボールスクールにて、
ピッチングコーチとして少年野球の投手の指導を担当しています。

 

野球指導のDVDは沢山ありますが、
是非見て頂きたいのが、
この「川口和久の右脳的ピッチング術」です。

 

内容の濃さが違います。

 

市販の野球指導書にはないノウハウがぎっしりと詰まっています。

 

私が少年野球チームで投手の指導をするときも、
ここで紹介されている投手理論を柱にしています。

 

ノーコンでまったくコントロールが定まらなかった選手も、
短期間で安定したコントロールが身に付いてきます。

 

ピッチングは基本が大切です。

 

自己流の投げ方をしていれば、良い結果は生まれてきません。

 

ピッチングの基本からプロのノウハウを、
小学生や中学生でも理解できるように解説された内容です。

 

>>川口和久の右脳的ピッチング術の詳細

川口和久の右脳的ピッチング術の内容関連ページ

川口和久の右脳的ピッチング術「投手としての心構え」
川口和久の右脳的ピッチング術「投手としての心構え」を観た感想。少年野球チームのエースへ、ここから指導しました。マスターすればワンランク上のピッチャーになれます
ピッチャーマウンドの高さを確認することでコントロールが上がる
川口和久の右脳的ピッチング術「ボールを投げる前に」を観て。ピッチャーマウンドの高さを確認することでコントロールが上がることを体得しました。さすが一流投手の話です
コントロールのついた速球を投げるポイントは?
コントロールのついた速球を投げるために一番大切なのは、ピッチング軸です。傾かずブレない軸をキープできる投球フォームを身に付けるとピッチングがガラッと変わります。
コントロールの良いピッチャーが実践しているマウンドへ上がり方
ピッチャーがマウンドに上がる時に、川口和久の右脳的ピッチング術のDVDで紹介されていることを実践しています。これで、どのピッチャーもコントロールが良くなりました。
ヒップファーストを意識したピッチング練習
球威のあるボールをコントロール良く投げるためには、下半身の使い方が大切です。ヒップファーストを意識した投球練習でフォームを磨き、レベルアップをはかります。