ヒップファーストを意識したピッチング練習

ヒップファーストを意識したピッチング練習

球威のあるボールをコントロール良く投げるためには、下半身がキーです。下半身を効率的に使うために、ヒップファーストを意識した投球練習でフォームを磨き、レベルアップをはかります。

 


球威のあるボールをコントロール良く投げるためには下半身が大切です

昨日、我がチームの投手陣には、
ヒップファーストを意識したピッチング練習
をしました。

 

 

ご存知の方が多いと思いますが、
ヒップファーストとは、
ピッチャーが足を上げた後、
お尻先行状態で投球のための並進運動に入ることです。

 

 

ネット上にあった画像を紹介します。
お尻から並進運動へ移っているのが分かります。

 

 

 

 

 

 

ヒップファーストに対して、
肩から突っ込んでいくことを、
ショルダーファーストと呼びます。

 

 

ショルダーファーストになってしまうと、
下半身の回転を充分に引き出せません。

 

 

上半身に頼った投げ方になってしまいます。
いわゆる手投げです。

 

 

ヒップファーストで、
下半身をしっかりと使い、
そのパワーを上半身へ繋げていくことで、
キレの良い速球を投げることができます。

 

 

球威のあるボールをコントロール良く投げるために、
大事なのが下半身です。

ヒップファーストの練習方法

ブルペンで投球練習をはじめる前に、
ヒップファーストで始動するフォームをチェックします。

 

右投手の場合

 

投球板(プレート)からホームベースへ向かって白線を引きます。
(図の黄色の部分)

 

 

そして、足を上げて、まっすぐに立ち、
その後、左のお尻(右投手の場合)から始動し、
上げた足を着地するまでを繰り返し練習します。

 

 

軸足を曲げずにしっかりと立つ、
そして、お尻から並進運動へ入ります。

 

 

ここができているか?チェックします。

 

 

出来ていれば、
実際のボールを投げる前に、
タオルを使ってシャドウピッチングで、
ヒップファーストのフォームを体得してください。

投球板(プレート)の使い方

ヒップファーストの練習をする際に、
もう1つ重要になってくるのが、
投球板(プレート)の使い方です。

 

 

ここを間違えてしまうと、
"立つ"際にバランスが崩れてしまいます。

 

 

少年野球のピッチャーでは、
ここでバランスを崩し、
ショルダーファーストになってしまうケースが多いと思います。

 

 

立つときにバランスを崩せば、上半身が突っ込み、
ボールを投げる際に体が開いてしまいます。

 

 

これでは下半身を使った投球はできません。

 

 

ポイントはピッチャーが足を上げる際に、
重心を足のどこに置くかです?

 

 

これを意識しているかどうか?
でも、投球フォームがかなり違って来ます。

 

 

ピッチャーズプレートの使い方については、
川口和久の右脳的ピッチング術
の中で詳しく説明されています。

 

 

ピッチャーズプレートの使い方の説明風景

 

重心の掛け方について詳しく解説

 

バランスが取れなければ、体が開いてしまう…

 

重心の掛け方が良ければバランス良く立てる

 

ワインドアップでも

 

 

ブレない、しっかりとしたピッチング軸をつくる際に、
ピッチャーズプレートの使い方が大きなポイントになると思います。

 

 

ここでブレてしまっては、
ヒップファーストは難しいと思います。

ヒップファーストを意識したピッチング練習関連ページ

川口和久の右脳的ピッチング術の内容
川口和久の右脳的ピッチング術の内容を紹介します。抜群のコントロールと速球が身に付く理由とは?少年野球のピッチング上達ための指導のポイントが良くわかります。
川口和久の右脳的ピッチング術「投手としての心構え」
川口和久の右脳的ピッチング術「投手としての心構え」を観た感想。少年野球チームのエースへ、ここから指導しました。マスターすればワンランク上のピッチャーになれます
ピッチャーマウンドの高さを確認することでコントロールが上がる
川口和久の右脳的ピッチング術「ボールを投げる前に」を観て。ピッチャーマウンドの高さを確認することでコントロールが上がることを体得しました。さすが一流投手の話です
コントロールのついた速球を投げるポイントは?
コントロールのついた速球を投げるために一番大切なのは、ピッチング軸です。傾かずブレない軸をキープできる投球フォームを身に付けるとピッチングがガラッと変わります。
コントロールの良いピッチャーが実践しているマウンドへ上がり方
ピッチャーがマウンドに上がる時に、川口和久の右脳的ピッチング術のDVDで紹介されていることを実践しています。これで、どのピッチャーもコントロールが良くなりました。