少年野球で打率をアップ練習法

少年野球で打率をアップ練習法

ミート力を高めて打率をアップさせる練習法紹介します。親子練習で息子を安打製造機にするコーチングのポイントはここです。【親子のレギュラー獲得大作戦】

 


ミート力を高めて打率をアップさせるためには?

ミート力を高めて打率を上げるには、とにかくバットを振ることです。

 

 

少年野球のピッチャーが投げてくるのは、ストレートだけです。そして、殆どがオーソドックスな投手ばかりです。

 

 

少年野球でヒットが打てるようになるには、裏技的なバッティング練習は無用ですよ。基本をしっかりと固めることが重要です。

 

 

基本に忠実は安定したスイングができるようになれば、ミート力が上がり、打率も自然に上がってきます。

 

 

具体的な練習方法は、
素振り→ティーバッティング→フリーバッティングです。

 

 

「えっ、とは言っても家庭にバッティングティーがない?」

 

 

家庭で親子練習する場合、ティーバッティングの設備がなければ、新聞紙で丸めたて作ったボールを庭や空き地で打てば良いのです。

 

 

フリーバッティングの環境がなければ、バッティングセンターへ連れて行くのもありです。

 

 

大切なのは、「バッティングセンターへ連れていけば、練習になる」という考えではなく、「しっかりとバッティングの土台(基本)を作る」という意識が必要です。レギュラーを獲って活躍する選手は皆、バッティングの土台がしっかりとしています。

 

 

安定したスイングもできないのに、速いボールを打たせても上達しません。バットスイングができるようになってから、向かってくるボール打つ練習をすることです。

 

 

お父さんが子供のそこをサポートすると、バッティングは飛躍的に上達します。

小学生に難しいバッティング理論はいりません

構え方1つとってもバッティングには基本があります。スイングだって基本があります。その基本を子供へ教えることが上達のポイントです。

 

 

難しいバッティング理論は入りません。野球経験のないお父さんだって、子供を指導することはできます。

 

 

まずは、素振りで、基本通りにバットが振れるように練習します。野球初心者に一度に沢山のことを教えると分からなくなります。

 

 

親としては、「このくらいできるだろう」と思い、ついつい子供へ求め過ぎてしまう傾向がありますが、そこはしっかりとブレーキを掛けます。

 

 

チェックポイントを1つか2つ決めて、その課題をクリアするように練習をします。

 

 

素振りがある程度かたちになって来たら、ティーで実球を打ってみます。打てない選手も、繰り返し練習することで、間違いなく上達します。

 

 

ティーバッティングで、ヒット性のボールが打てるようになってきたら、次は動いているボールを打ちます。投手が投げるボール、もしくは、バッティングセンターで打ち込みをします。

 

 

親子練習で、「素振り→ティー→バッティングセンター」の練習を繰り返してください。

 

 

3日坊主はダメです。継続こそが実力になります。

 

 

繰り返し練習をしている中で、ボールに対する感覚も磨かれ、ミート力が高まってきます。スイングも安定してきます。タイミングも取れるようになります。

 

 

さらに続けて行けば、少年野球の安打製造機になります。レギュラーが取れずに悩んでいるなら、とにかくバットを振ることです。そして、親としてできることは、子供がバットを振る環境をつくってあげることです。

 

 

p.s.学校が夏休みにこの話を保護者に話しました。夏休みの間に、これを実践した選手は、皆飛躍的にバッティングを伸ばして来ました。レギュラーもかなり入れ代わりそうです。少年野球も勝負の世界、レギュラーを獲得するには、練習しかありませんね〜♪