少年野球の指導を通して気付いたこと

少年野球の指導を通して気付いたこと

少年野球を通して何を伝えるか?そこが大切です。高校生になれば親の言うことなんて聞きません。小学生の時期に父親としてできることは?指導(コーチング)のポイントとは?

 


少年野球で父親ができることは?

私にとって少年野球とは何か?

 

息子が小学校の低学年で野球を始めたところ、
「レギュラーになりたい」というので、
一緒に練習をするようになりました。

 

練習の甲斐があり、
息子はすぐにレギュラーになり、
小学生の高学年の時にはエースで4番を打つようになりました。

 

親子で練習を始めころは、
単なる練習相手だったのかもしれません。

 

しかし、だんだんと私も本気になっていくうちに、
単なる少年野球の指導ではなくなりました。

 

何事も自分の希望を叶えるためには、
努力を積み重ねる必要があります。

 

そして、目標をクリアするためには、
「どうしたら目標達成できるのか?」
ということを必死に考えて、
浮かんできたアイデアを実行することが大切です。

 

私は、息子との野球を通して、
このことを伝えることが任務だと気付きました。

 

社会に出て仕事をするようになると、
「自分の目標をいかにクリアするか?」
ということが非常に重要になってきます。

 

目標をクリアするために頑張ることが、
男の生き様といっても良いと思います。

 

その生き様を伝えることができるのが野球でした。

 

子供は小学生のうちは親の言うことを聞きます。
中学生になると半分位しか聞きません。

 

高校生になれば親から離れていきます。

 

父親として生き様を伝えることのできるのは、
小学生、中学生のうちです。

 

しかし、この時期の大人は
会社でも重要な仕事を任せられたりと、
忙しい時期を向かえます。

 

忙しさに流されていると、
子供との大切な時間を作ることができずに、
時間だけ過ぎてしまいます。

 

そうならないためにも、
子供が少年野球を頑張っている時期に、
親として指導のサポートをしたり、
練習方法を一緒に考えたり、
そして練習相手をこなすことが大切だと思います。

 

どうすればレギュラーを獲得できるのか?

 

どうすればエースになれるのか?

 

どうすればヒットが打てるのか?

 

息子の前に立ちはだかった壁を、
子供が自分の力で破っていくため、
父親のできるサポートは何か?

 

とってもディープに少年野球に関わってきた親父が、
効果的に上達できるポイントを紹介します。