外角球の打ち方

外角球の打ち方を練習する。センター前へクリーンヒットする。

先日の日曜日、希望者だけの居残りバッティング練習での課題は、外角球の打ち方でした。親子で、ティーを使って、繰り返し打ち込んでいました。センター返しをマスターして打率アップです。

 


バッティング練習に日記。センター返しをマスターし打率アップ。

先週の個別のバッティング練習の課題は、"外角球の打ち方"でした。

 

 

外角球を打つ秘訣は、とにかく引っ張らないことです。外角球を引っ張ろうとすると、バットの先に当たることが多くなり、凡打となってしまいます。

 

 

外角は、目から遠い位置にあり見えにくい上に、体から遠いのでジャストミートしにくいと思います。だからこそ、しっかりと最後までボールを見て、バットの芯で捉える気持ちが大切です。高めでも、低めでも、コースに逆らうことなく、ピッチャーをめがけ振り抜く感覚が大事ですね。センター前のクリーンヒットを狙います。

 

 

練習方法は、ホームベースとバッティングティーを使っています。ホームベースを使うところがミソです。バッターの立ち位置をしっかりと決め、外角球を打つ練習をします。

 

 

バッティングティーを外角球を想定して位置におき、最後バットの芯で捉えるイメージを大切にしながら、ピッチャーへ打ち返す感じで振り抜きます。

 

 

すぐにはできなくとも、繰り返し繰り返し練習をしていると、だんだんセンター返しのポイントが分かってきます。ミートポイントを体が理解するまで、根気よく練習します。

 

 

最後までボールを見て、10球ずつ集中して、ティーバッティングをこなしました。コースに逆らわないバッティングを身に付け、打率アップを狙います。今日も、明日もティーバッティングです。この地道さが大切〜♪

外角球の打ち方を練習する。センター前へクリーンヒットする。関連ページ

打率アップ、ヒット量産する打者に育てる
自分のスイングで振ってくるバッターは、たとえ空振りをしても、ピッチャーにろい嫌な存在。反対に、どんなボールでも振ってくるバッターは、ストライクを投げる必要もなく打ち取りやすい。貴方はどっち?
プレッシャーに強い子供に育てる
「練習では上手くいくけど…」、試合になると、カラっきり駄目な選手がいます。いわゆる、プレッシャーに弱いタイプの選手です。プレッシャーに強い子供に育てるコツは?