打率アップ、ヒット量産する打者に育てる

打率アップ、ヒット量産する打者に育てる

自分のスイングで振ってくるバッターは、たとえ空振りをしても、ピッチャーにろい嫌な存在。反対に、どんなボールでも振ってくるバッターは、ストライクを投げる必要もなく打ち取りやすい。貴方はどっち?


好球必打を徹底させる

少年野球で打率を上げる1つのポイントが、
好球必打を徹底させることです。

 

 

ピッチャーは四球を出すのが嫌なので、
「先にストライクがほしい」と思っています。

 

 

このファーストストライクを様子を見せずに振ってくる打者は、ピッチャーにとり怖い存在です。

 

 

ただ、ボールだろうが、変化球だろうが(小学生は変化球なしですが)、ただ振ってくる打者もいます。そんな打者は怖くもなんともありません。

 

 

ピッチャーが本当に怖いと思うのは、狙い球をしぼって、甘いボールを確実に打ってくる打者です。さらに、自分のスイングを崩さずに振ってくる打者は嫌な存在です。

 

 

例え、それが空振りでも怖さを覚えるものです。

ピッチャーとバッターの駆け引き

狙い球をしぼって、自分のスイングをしていくと、ピッチャーは警戒をします。警戒をすれば、ピッチャーの腕の振りも甘くなりがち…。甘くなった好球を鋭いスイングで強打できます。打率アップへの好循環が始まります。

 

 

ボールでもなんでも振ってしまうと、ピッチャーは「ストライクを投げなくとも打ちとれる」と警戒しません。リラックスした気持ちで投げるので、腕が振れます。結果、伸びの良いボールとなり、バッターは空振り〜。ストライク先行で、さらにノビノビと配給を組み立てられます。

 

 

ピッチャーとバッターの駆け引きは、つまるところ、ピッチャーが自分の腕の振りをするか、バッターが自分のスイングをするかの勝負ともいえます。

 

 

それには、相手に対して精神的に優位に立つことが大切です。自分が投げたボールやスイングの結果を顔に出さないこともポイントです。

 

 

失敗した結果を顔に出してしまうと、相手は「調子が悪いな」と察知して、自信を持たせることにもなってしまいます。練習の時から強いメンタルを意識しておくことです。打者なら自分のスイングを意識して、バッティング練習を重ねることが打率アップの秘訣です。

狙い球を絞って、ボールを確実に捉えるための練習法

バッティング練習は、いろいろは手法があります。
その随所で、集中すること、狙い球以外にには手を出さないことを意識させることです。

 

 

例えば、ティーバッティングでの練習でも工夫が必要です。

 

 

1回30球打つとします。

 

 

私が少年野球チームでやる練習では、最後の1球で、試合の場面をイメージさせます。一端ティーを離れて、打席に入る前から始めます。

 

 

例を出すと、第一打席、相手のピッチャーの第一球をイメージさせます。
自分が狙ったど真ん中のストレートが来ます。
それをバランスを崩さずに、フルスイングします。

 

 

1球で終わり。

 

 

上手く行かなかったからと、もう1球は出しません。
これで徐々に集中力が付いてきます。

 

 

バッティングセンターでも工夫できます。

 

 

80〜90キロくらいのスピードの打席に入ります。
ホームベースを、ベース半分内角か外角にズラします。

 

 

そして、そこに合わせて打席に立ちます。
当然、外れたボールがくることが多くなります。

 

 

そして、自分が狙ったボール以外は打たない練習をさせます。
逆に、狙った真ん中のボールが来たら、バランスを崩さずにフルスイングします。

 

 

バッティングセンターへ行けば何回か打つでしょう。
そのうちの1回を工夫してみると、
打率がアップに繋がる練習ができます。

 

 

▼打率アップ、飛距離がぐんぐん伸びるバッティング法

 

>>7日間スラッガー養成プロジェクト

打率アップ、ヒット量産する打者に育てる関連ページ

プレッシャーに強い子供に育てる
「練習では上手くいくけど…」、試合になると、カラっきり駄目な選手がいます。いわゆる、プレッシャーに弱いタイプの選手です。プレッシャーに強い子供に育てるコツは?
外角球の打ち方を練習する。センター前へクリーンヒットする。
先日の日曜日、希望者だけの居残りバッティング練習での課題は、外角球の打ち方でした。親子で、ティーを使って、繰り返し打ち込んでいました。センター返しをマスターして打率アップです。