ゴロの捕り方の指導のポイント

ゴロの捕り方の指導のポイント

少年野球チームのレギュラーを狙うには守備力が重要です。ゴロをしっかり捕球し、安定した送球ができることがレギュラーへの近道です。ゴロの捕り方の指導のポイントは?

 


安定したゴロの処理ができることがレギュラーへの近道

親子練習を頑張るお父さん向けに、
ゴロの捕り方をコーチングするポイントを紹介します。

 

 

少年野球の試合の守備で一番多いのがゴロの処理です。
確実に、ゴロを捕球して、送球し、アウトに出来れば優秀な内野手です。

 

 

レギュラーでない選手は、レギュラーを射程圏に入れることができるし、
レギュラーの選手は、不動のレギュラーを狙えるわけです。

 

 

小学生へ野球を教える場合、
ついついバッティングへ行ってしまう場合が多いよう。

 

 

バッティングは楽しいし、試合でヒットを打てば、パフォーマンスも大きいですからね。

 

 

バッティングをどんどん練習するのは良いですが、
チームの勝敗を考えると、
守備力の方が大切だとも思います。

 

 

少年野球の地区予選を勝ち上がっていくには、守備力がモノをいいます。
逆に、守備力がないチームは、いくら打ってもそれほど勝てないと思います。

 

 

どのチームの監督、コーチも守備力を上げることを考えています。
なので、守備の良い選手は信頼され、チームに強く必要とされます。

 

 

レギュラーを目指したり、
不動のレギュラーを狙うのであれば、
守備力の上達を考えましょう。

 

 

その基本がゴロの処理です。
確実にゴロと捕り、安定した送球ができることが重要です。

ゴロの捕り方を教える、ここがポイント!!

ゴロの捕り方を子供へ指導する際に一番大事なことは基本です。

 

・構え

 

・フットワーク(ステップ)

 

・捕球

 

・送球

 

の基本動作を繰り返し練習することです。

 

 

悪いコーチングの例としては、すぐにノックをしてしまうことです。そういうと、少年野球の選手が場合、癖が付いて、自己流の捕り方になってしまいます。

 

 

でもなく、子供へ正しい捕球動作をイメージさせ、その通りに動けるように練習をするのが上達の近道です。

 

 

野球経験がないお父さんであれば、
野球の指導書やネットの動画を観てください。

 

 

指導書などは図書館に行けばありますし、
ネットに無料の動画も沢山あります。
お金をかけないでも、ゴロの捕り方の基本が分かります。

 

 

例えば、こんな動画もあります。
ヤクルトスワローズのキッズアカデミーです。

 

 

川端慎吾選手が分かりやすくゴロの獲り方を指導しています。

 

上達のポイントは、

 

 

・腰をしっかり落とす

 

 

・ゴロは正面で捕る、捕球できなくとも前に落す

 

 

・グローブの4本の指を地面に付ける

 

 

この短い動画でも参考になるし、子供と一緒に練習をすれば、守備力は確実に上がります。

ゴロを捕る基本練習を繰り返しやる

ゴロを捕る動作イメージができたら、子供に教えてください。
そして、繰り返し練習をすることです。

 

 

沢山やらなくとも良いので、
3日坊主でなく練習を継続させます。

 

 

始めはスローモーションで良いです。
守備位置の5〜7メートル位前にボールを置きます。
(あるいは、少し手前からお父さんが緩いゴロを手で転がしてあげます)

 

 

基本を意識した構えからボールを捕り、送球する練習をします。

 

 

ファースト役がいればOKですが、
いなければネットや壁など上手にまわりの環境を利用します。
何事も工夫が大事です。

 

 

練習方法を考えるのも、結構楽しい〜♪

 

 

お父さんは、先程のポイント、
すわなち、構えの基本、ステップの踏み方、捕球の仕方、送球時のステップ、送球をチェックします。

 

 

一度の沢山のことをやると親子共々分からなくなるので、
練習の度に2〜3点のチェックポイントを決めておき、
出来たかどうかを確認します。

 

 

良かった点、出来なかった点を明確にし、
子供へ伝えてください。

 

 

できたら、褒めてあげる、
できなかったら、次回できるように改善点を明確にします。
ここがコーチングで凄く重要になります。

 

 

目標を見て確実に前進し、上達するという経験は、野球以外にも生きてきます。小学生のうち経験するのはかなりのプラスだと思います。