内外角コース攻略の基礎をしっかりと教える

内外角コース攻略の基礎をしっかりと教えるとバッティングが伸びる

少年野球をバッティング指導では、内外角コースを意識させた反復練習をさせています。内外角コース攻略の基礎をしっかりと教えるとバッティングがグンと伸びます。7日間スラッガー養成プロジェクの垣内哲也さんの説明は分かりやすいです。


素振りとティーバッティングでスイングをつくる

少年野球を始めて日が浅い選手であれば
バッティングセンターへ連れていくより、
スイングの基本を反復練習させた方が上達します。

 

うちのチームでは、
素振り→ティーバッティング
に重点を置いています。

 

バッティングの基本を教え、
素振りでバッティングフォームを作ります。

 

そして、ティースタンドを利用した打ち込みで、
打力を養っていきます。

 

バッティング指導で工夫しているところは、
真ん中のボールばがりを練習をするのではなく、
内外角のコースを意識して練習をさせています。

 

ティースタンドを利用し
内外角のコースを意識的に打たすことで、
正確なバットコントロールも養うことができます。

 

コースによる弱点克服もできます。

内角球と外角球の対応を意識させる

本日のティーバッティング練習でも、
真ん中、内角、外角を意識させ、
それぞれの打ち方をしっかりと指導をしました。

 

コースを意識させないと、
小学生の選手は、
真ん中のボールばかりを想定してバットを振ります。

 

練習の際には、
必ずバッティングティーとホームベースを使用して、
「バッターボックスのどこに立ち、どのコースのボールを打つのか?」
を確認した上で打たせています。

 

普段のティーバッティングから
色々なコースを打撃練習をすることで、
実際の試合でピッチャーの投げるボールへの対応力が違ってきます。

 

これ凄く大切だと思います。

 

これ練習を取り入れてから、
どの選手も打撃力が伸び、打率が上がりました。

 

実際の少年野球の試合では、
真ん中に来ることは少ないですからね。

内外角コース攻略の基礎をポイントを教える

内外角コース攻略のポイントは、
7日間スラッガー養成プロジェクトで垣内哲也さんが説明していることが、
非常に参考になっています。

 

 

内角球を打つ場合の身体の使い方を教え、
しっかりと前でボールを捉えるようにコーチングします。

 

どの選手もコンパクトにバットを出すようになり、
内角球に対して手打ちの癖を持つ選手が激減しました。

 

そして、外角球への打撃もかなり上達しました。

 

 

「外角球を打つときは、無理して引っ張らないこと」
これを徹底しています。

 

ピッチャー返しを心がけさせ、
バットの先ではなく、
芯で捉えられるように練習させています。

 

小学生ながら見事な流し打ちを決めますよ。

 

スラッガーを養うためには、
小学生のうちに、
内外角コース攻略の基礎をしっかりと身に付けさせることは、
バッティング上達の大きなポイントだと思います。

 

>>7日間スラッガー養成プロジェクトの詳細